製菓専門学校の奨学金について

製菓専門学校では、学生のために奨学金制度をしています。
奨学金とは、能力のある学生に対して、金銭の給付や貸与を行う制度のことです。
金銭的や経済的な理由で、修学が難しい場合や、その必要がなくても、学生の能力に対して給付されることもあります。
これには、返済しなくてもいい場合や、無利子、税金が軽減されるなどの優遇があります。

製菓専門学校の奨学金制度の例をあげます。 日本学生支援機構の場合 第一種は、無利子で貸してもらえて、人物、学業ともに特に優れた学生で、経済的な理由などで、 修学が困難な学生に貸与されます。
例えば、昼の2年制で、自宅からの通学だと、30,000円または53,000円から選択します。 自宅外通学だと、30,000円、60,000円となります。

卒業後に、銀行や労働金庫の口座などから、月賦など返還します。
また、第2種は、有利子で貸してもらえて、こちらは、第一種よりもゆるやかな基準になっています。
在学中は無利息で、30,000円、50,000円、80,000円、100,000円、120,000円より選択できます。
卒業後の利率は年3%が上限で、第1種と同じように、銀行口座などから月賦などで返還します。
これ以外にも、専門学校によっては、受験者本人や兄弟姉妹が、卒業や在籍している場合は、支給されたりします。
在校生援助のためのものもあり、この場合は、種類、貸与金額や学費などを上限とした金額を貸してもらえて、利息などは無利子で、卒業後の10年以内に月賦にて返還します。